「手根骨」の用語の意味

手根骨(しゅこんこつ、carpal bones)

 手根骨は、手の根元にある8個の短骨で構成されており、4個の近位列(豆状骨、三角骨、月状骨舟状骨)と4個の遠位列(有鈎骨、有頭骨、小菱形骨、大菱形骨)に分けられます。

 

 

【関連ページ】

◇手根骨の説明・解剖図(weblio辞書)