「筋萎縮」の用語の意味

筋萎縮(きんいしゅく)

 筋萎縮とは、筋の容積が小さくなることをいいます。

 萎縮には線維径が細くなる場合と線維数が減少する場合があります。数の減少は再生によりある程度補われるため、線維径が細くなる場合が臨床の中心とされています。

 萎縮を起こす原因として、筋疾患、脱神経、断裂、宇宙飛行、臥床、長期の関節固定などがあります。

 

 

【関連ページ】

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

◇上肢の神経麻痺(橈骨神経麻痺、正中神経麻痺、尺骨神経麻痺)の基礎知識