「スパーリングテスト」の用語の意味

スパーリングテスト(すぱーりんぐてすと、Spurling test)

 スパーリング(Spurling)テストとは、頚部を患側に側屈し頭頂部から圧迫することで、椎間孔を狭め、上肢痛やしびれを誘発あるいは増強するかを調べる検査をいいます。これらの症状を誘発・増強すれば、陽性とされます。

D4BBFE71-7F41-4791-AAF3-A152D2E6D029.jpeg

【関連ページ】

◇椎間板ヘルニア等による神経根症の基礎知識

◇むち打ち等による痛み・しびれ(軽度神経症状)の等級認定のポイント