「巧緻運動障害」の用語の意味

巧緻運動障害(こうちうんどうしょうがい)

 巧緻運動障害とは、食事、更衣、筆記などの細かい指の動きが要求される運動の障害をいいます。巧緻運動障害は、脊髄症の症状として現れることがあります。10秒テストなどの検査が行われることがあります。

 

 

【関連ページ】

◇脊髄の障害の等級認定のポイント

◇脊髄症(脊髄損傷)の基礎知識

【取扱事例】

◇脊髄損傷について自賠責後遺障害12級から5級に変更された事例

◇脊髄損傷について自賠責後遺障害12級から9級に変更された事例

◇脊髄損傷について自賠責後遺障害非該当から9級−12級に変更された事例