「肩峰」の用語の意味

肩峰(けんぽう、acromion)

 肩峰とは、肩甲骨の一部で、鎖骨(外側端)と連結させて肩鎖関節を作っています。肩峰と鎖骨を結ぶ烏口鎖骨靭帯は、肩鎖関節の安定に大切な役割を果たしています。

 また、肩峰は、肩甲骨の一部である烏口突起とつながる烏口肩峰靭帯、烏口突起とともに、烏口肩峰アーチというものを形成して、関節(肩峰下関節)として機能しています。

 

 

【関連ページ】

◇肩関節の図・説明(weblio辞書)

◇交通外傷の基礎知識