「眼振」の用語の意味

眼振(がんしん、nystagmus)

 眼振(眼球振盪)とは、自分の意思とは無関係に反復する眼球運動をいいます。

 眼振は、反復運動の様式により振子様眼振と衝動性眼振に、眼振の方向により水平性眼振、垂直性眼振と回旋性眼振に、自発性により自発眼振と誘発眼振に、等の分類がなされます。

 眼振の検査では、眼振の有無・振幅・方向等を調べることにより、めまいの原因となる障害部位がわかります。眼振の検査のうち、自発眼振検査はめまいの検査に必須とされています。自発眼振検査の中の注視眼振検査では、医師の指先などで示される5方向を注視時の眼振を調べます。

 

 

【関連ページ】

◇失調・めまい・平衡機能障害の後遺障害等級

◇めまいの基礎知識