自動車事故以外の事故による後遺障害(後遺症)について

 自動車事故だけでなく、自動車事故以外の事故でけがをした場合にも、後遺障害(後遺症)が残ってしまうことは多くあります。

 例えば、事故形態としては、自転車による事故や仕事をしているときの事故(労災事故)などいろいろなケースが挙げられます。

 被害者の方がご自身で傷害保険などに加入している場合でしたら、加入している損保会社から後遺障害の等級認定を受けられたときには、契約金額に認定された等級に応じた割合を乗じた金額を受け取ることができます。

 自動車事故以外の事故では自賠責保険は関係ありませんので、損保料率機構が後遺障害の等級認定を行って損保会社がその結果に拘束されるということはありません。

 ただ、後遺障害に関する約款上の規定は損保会社によって違いますが、自賠責保険と同じように労災保険に準拠して定めていることが比較的多いと思います。

 このため、損保料率機構では自動車事故以外の事故についても、希望する損保会社に対して後遺障害等級認定のサポートを行っていて、これを利用している損保会社ではこの結果を参考にして等級を認定している思います。

 後遺障害の請求に疑問があったり、後遺障害の認定結果に納得できない場合などには、一度後遺障害に詳しい行政書士等に相談されるとよいかと思います。