適正な後遺障害等級認定、損害賠償を目指して

 交通事故のことで、このようなお困りごとはございませんか?

 

◆ 初めてのことなので、よく分からないことがある

◆ 自分の意向をよく聞いてもらいたい 

いつ相談・問い合わせをしようか考えている

◆ 通勤中、業務中に事故にあってしまった

◆ まだ痛み・しびれがあるのに治療費、休業損害の支払いは終了といわれた 

◆ きちんと後遺障害の等級が認定されるのか不安がある

◆ 後遺障害の認定結果に納得できない

  

  交通事故では専門知識や対応方法などにより、受け取れる賠償金が大きく変わることがあります。例えば、後遺障害のご請求・等級認定では 【医師の所見】 が非常に重要になりますが、この所見があまり具体的でなかったり、不十分な記載の場合には、高い等級が認定される可能性があるにもかかわらず、低い等級が認定されてしまうことがあります。

 後遺障害の等級は賠償金にとても大きな影響を与えますので、ときには担当医師の協力も得て、適正な後遺障害等級が認定されるような後遺障害診断書などの書面の提出がとても重要になります。このほかにも専門知識があった方が被害者の方に有利になる場面は多く見られます。

 当事務所ではこれまでの経験・知識を生かし、より良い結果が出る可能性焦点を当てて、少しでも交通事故でお困りの方のご納得いく解決のお役に立てましたら幸いです。

 まずはお気軽に 無料メール相談無料相談会 をご利用ください。

 

【関連ページ】

 ◇交通事故から解決までの流れ